リトル・フィート LITTLE FEET

2017/02/24公開

本体名:ホルマジオ <Formaggio:チーズ>

能力:本体や他者の肉体を「縮小」できる

スタンド形成法射程距離パワー
身体・能力加形体 2m

当ページの要点

  • ジョジョ5部に登場するスタンドのうち「ポルポの矢」で生まれたものは、3部のスタンドと同じく「タロット」に対応している。
  • ただしそれらタロットは通常の解釈ではなく、より邪悪な解釈を与えられている。
  • リトル・フィートが対応するタロットは「魔術師」であり、その暗示は「悪開放」である。
  • リトル・フィートは逃げ隠れしながら活動する害虫のように本体を小さくする能力を持ち、またスタンド体内の毒素を注入することで他者をも小さくできる。

邪悪の樹

宇宙・生命・人類・個人など、この世界の中で進化・成長する全てのものが、成長する際に辿る変化の共通性を図像化したものである『生命の樹』。ジョジョ3部のスタンドに深く関係するこの生命の樹には、「邪悪の樹」と呼ばれる上下逆さまに描かれた亜種が存在する。邪悪の樹とは、例えば社会の中で反社会的な組織が成長していくように、成長するものの一部が全体に反した成長を行うさまを表したものである。

「クリフォトの樹」とも呼ばれる邪悪の樹は、「邪な状態」を表す10個の円形「クリファ」と、それを結び「悪しき変化」を表す22本の小径「パス」から成る。そのパスに対応する22枚の「タロットカード」のうち、「邪に遊離せしもの」を暗示するクリファと、「邪に開放せしもの」を暗示するクリファを結ぶ「魔術師」は、「構成要素の悪開放」を暗示する。

反社会的な存在として成長を始めたばかりの「小さな邪悪」は、この時点ではまだ大した力を持たず、社会から見て「害虫」のようにちっぽけである。しかしこの「ちっぽけさ」こそが小さな邪悪の強みとなる。小さな邪悪はちっぽけな体とフットワークの軽さ速さを活かして、民家内のゴキブリのように社会の中で逃げ隠れしながら活動できる。また小さな邪悪がその身に「毒」や「汚らわしさ」を宿していれば、それも彼らが自分を守る要素となる。

このように、小さな邪悪が自分の身の丈に合わせて、逃げ隠れしながらも「社会との相互干渉」を行うこと、それが邪悪の樹における「悪開放」である。

これらの「小さな邪悪」は非行に走る若者のように、社会のあちこちで常に生まれ続けている。そして反社会的組織などの「巨大な邪悪」は、元はといえば小さな邪悪であり、それが成長した結果生じるものである。

しかし一方で小さな邪悪の大半は、いわゆる若気の至りやガス抜きとしてそうなっているだけの、最後には社会の側に戻ってくる者たちである。このため社会が巨大な邪悪の芽を摘むために、小さな邪悪を十把一絡げにして強硬的な態度を取るのは得策ではない。それはむしろ「北風と太陽」の寓話が示すように、逆に彼らの多くを邪悪に傾倒させることにもなりうる。

これらの事情がある中で、社会が小さな邪悪に対してできる効果的な対処は、彼らへの罰は適切に行いつつ、融和の姿勢も示し続けることである。たとえ相手が聞く耳を持たずとも「善」や「倫理」を説き続け、彼らが邪悪から引き返すならば暖かく受け入れる。それが彼らの邪悪への傾倒の抑止力となって、彼らと社会の双方を救う術となる。そしてその心が世界の中で保たれるならば、世界は邪悪に道を踏み外すことなく、正しい道を成長していけるだろう。

スタンド解説

■本体ホルマジオや他者の肉体を小人のように「縮小」できる能力を持つ人型スタンド。その姿は、全身のほとんどが甲虫のように体表に密着した殻で覆われ、首・腰・上腕など可動の大きい部位は蛇腹状になっている。またその顔は、顎が目立たず頬が出っ張った横長の輪郭に、小さく丸い黒い目と歯をむき出したような大きな口がある。そして右手の人差し指の先端には、サソリの毒針のように尖った針が伸び出ている。

■本体のホルマジオはほど良く鍛えられた肉体を持つ男で、映画のスタントマンのように力強さ・身軽さ・柔軟さを兼ね備えた動作を得意としている。それはおそらく「巨大な困難に工夫して挑むことを好む」彼の精神性に由来するものであり、それゆえに彼は自身を縮小し、相対的に外界を巨大化する能力を獲得する。

■リトル・フィートの縮小能力はホルマジオの肉体に対しては簡単に効果を発揮でき、彼を(衣服所持品も含めて)任意の大きさにまで縮める。そのスピードは非常に早く、身長10cm以下になるのにも1秒程度しかかからない。そして縮小された彼の「体重」も、元の身長/縮小後の身長の3乗に比例して非常に軽くなる。(身長が20分の1なら体重は8000分の1になり、元が80kgなら10gとなる) 

■またホルマジオが小さくなればスタンドも小さくなり、そして本体とスタンドが周囲の物体に対して発揮できるパワーも大きさに応じて低下してしまう。しかし小さくなった体は隠れ潜んで行動するには非常に適しており、また体重の軽くなった体は高い所から落ちても、昆虫のように空気抵抗が勝ってダメージなく着地できる。小さくなったホルマジオは「巨大になった世界」で、道路の段差や標識などをアスレチックのようによじ登り飛び降りて縦横無尽に活動し、また周囲の物体が生み出す運動エネルギーを利用して、軽い自分の体を何mも飛ばさせて移動に役立てたりもする。

■さらにリトル・フィートはホルマジオだけでなく、「他者の肉体」も縮小することができる。その場合リトル・フィートはスタンドの右手人差し指の「針」で相手を切りつけるか刺すかして、「縮小の毒素」を相手の体内に注入する。

■ただ他者の縮小はホルマジオの場合と違って、毒素が回って縮小が始まるまでに10〜20秒の時間がかかり、縮小が開始されてからの縮小スピードもかなり遅い。その縮小ペースはだいたい1秒あたり1%といったところであり、相手の身長は1分経過するごとに半分程度ずつ縮んでいく。(このペースだと他者が身長10cm以下になるのに4分以上かかる) また縮小されるのがスタンド使いならば、そのスタンドとスタンドパワーも小さくなるほどに落ちていく。

■なお、この能力がホルマジオや敵の肉体をどこまで小さくできるのかは不明だが、作中では身長170.5cmのナランチャが5.5cm(3%強のサイズ)まで縮んでいる。

■リトル・フィートの縮小能力は、縮小対象を「内側から均等に引っ張る」かのように行われており、能力が解除されれば縮めたバネが戻るかのように一瞬で元のサイズに戻る。そしてこの性質上、自分の肉体はともかく敵の肉体の縮小状態を維持するのには、そこそこのスタンドパワーと精神集中が必要となる。このためホルマジオが突発的に強力なダメージを受けるなどすれば、他者の縮小は解除されてしまう。

■また他者の縮小が維持される射程距離もあまり長くはなく、おそらくは数10m程度と考えられる。ただしこれら、他者の縮小維持のためのスタンドパワーと射程距離は、ホルマジオが自分を小さくしている時でもそれとは無関係に、ホルマジオが本来の大きさの時のそれで働く。

■ちなみにこの縮小能力は、縮小中の者から所持品や衣服が離れれば、その物体の縮小はそこで止まる。また小さくなっているホルマジオは能力のコントロールにより、自分の所持品の特定の物だけ能力解除することも可能である。

内部リンク

『マジシャンズレッド』
ジョジョ3部に登場する、「生命の樹」側の「魔術師」のタロットのスタンド。物体に強力な熱刺激を与える「スタンドの炎」を生み出す能力を持つ。
『エンキ・ビラルと「魔術師」』
小ネタ置き場。
『セト神』
ジョジョ3部に登場。他者を子供以下に若返らせ、無力化する能力を持つ。
Powered by amaprop.net