「反転」していく冒険譚

■「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画作品は知ってのとおり、物語が1つ完結するたびに「部」が変わり、「主人公」と「舞台」が変わっていく物語である。そしてそれらが切り替わる際には「作風」もかなり変化する。ジョジョは各部に対する読者個々人の好みが分かれやすいが、それは作風の変化が大きいことの証左である。

■ジョジョが部をまたぐ際の変化は多岐に渡るが、それらはもちろん前の部からただ適当に変えられているわけではない。それらの変化は部ごとに、何らかの「中心軸」を定めて行われている。ジョジョはこの軸を「反転」することで作風をガラリと変え、新たな物語を紡ぎ出している。そして軸以外の変化、例えば絵柄やキャラクターのファッションの変化は、軸の反転に引きずられて自然に起こっている。(この手法での作風の変化は、作者にとっても感覚的で馴染みやすく、混乱を生まないやり方である) 

■それでは以下で、ジョジョの各部において前の部から何が「反転」しているのかを詳しく見ていく。

ファントムブラッド→戦闘潮流(1部→2部)

生真面目主人公のジョナサン・ジョースターから、不真面目主人公のジョセフ・ジョースターへ。主人公の性格は正反対だが、1部と2部のストーリー構成自体は、「闇の眷属」を追いながら戦っていくという点で共通している。

ただ1部から2部では敵となる闇の眷属が、「吸血鬼」よりも遥かに強大な「柱の男」へとパワーアップしている。そしてこれに対してジョセフは、ジョナサンを遥かに超えた波紋の力、ではなく「道具」や「トリック」や「口車」を駆使して立ち回っている。

1部ではジョナサンが吸血鬼ディオに対して、人類最強レベルの波紋パワーで互角に戦っており、これを踏まえると人類が波紋の力だけで柱の男に立ち向かうのは無理筋である。ゆえに柱の男との戦いでは良くも悪くも「小賢しさ」が必要となり、その点でもジョセフへの主役交代は自然な転換である。

戦闘潮流→スターダストクルセイダース(2部→3部)

肉体を介して発揮される「波紋法」や「闇の生物」の能力から、肉体に束縛されない超能力である「スタンド」へ。知ってのとおり3部以降の部は全て「スタンドの部」であり、その意味でもここでの転換は大きい。

また「肉体能力」という括りで言えば、「ジョジョの奇妙な冒険」以前の荒木飛呂彦作品である「バオー来訪者」や「ゴージャス☆アイリン」も1〜2部の流れに属している。つまり2部から3部で起こった転換は、ジョジョのみならず「それまでの荒木飛呂彦作品」からの転換点ともいえるものである。

スターダストクルセイダース→ダイヤモンドは砕けない(3部→4部)

地球を半周する旅行記から、ひとつの町内だけで完結する物語へ。また4部では、スタンド使いを生み出す道具である「矢」によって、普通の学生や町民がスタンド使いになっている。

これによって4部では、スタンド使いが町から浮いた超常的な存在ではなく、町の生活に溶け込んだ存在として登場する。これは3部でのジョースター一行と敵スタンド使いの戦いが、たまたまその土地で行われる行きずりのものだったのとは対照的である。

ダイヤモンドは砕けない→黄金の風(4部→5部)

「殺人」が非常に重い行為である日常の世界から、相手を殺すのが当然なギャングの世界へ。つまりは表社会から裏社会への反転である。

なお5部に登場するスタンド使いのほとんどを生み出した「ポルポの矢」は、裏社会の住人にふさわしい「邪悪で凶悪な能力」を与える特性を持ち、これはスタンドバトルの激化に一役買っている。

黄金の風→ストーンオーシャン(5部→6部)

運命を無効化する力を持った「悪魔」を倒す物語から、運命の力で人類を支配しようとする「神父」の計画を阻止する物語へ。また、5部では「DIOの息子」であるジョルノ・ジョバァーナが主人公であるのに対して、6部では敵側のエンリコ・プッチ神父が「DIOの遺志を継ぐ者」であり、ジョルノ以外の「DIOの息子たち」も敵として登場する。つまり5部でも6部でもDIOの側の者は、「運命に与する側」にある。

そしてこれに関連して、ジョジョでの主人公側のキャラクターは「運命」というものを基本「切り開くもの」として語る。しかし5部だけは運命を「眠れる奴隷」であり、「解き放つもの」であるとも表現している。

ジョジョの世界には「難易度の高い運命」とでも呼ぶべきもの、つまりいつか必ず起こりはするが、難易度の高さゆえになかなか実現せず先送りにされていく運命がある。世界の敵である「悪魔ディアボロの打倒」はまさにその類であり、ジョルノたちはその運命を「解き放った」のである。

ストーンオーシャン→スティール・ボール・ラン(6部→7部)

ストーリーのためにキャラクターが存在する世界から、キャラクターのためにストーリーが存在する世界へ。6部での登場人物たちはその全員が、世界を定められた結末へと向かわせる「強力な運命の力」に導かれ、ある者はそれに抗い、ある者はそれに従っていた。一方7部での登場人物たちには、世界からの運命の力は特に働かない。代わりに彼らは自分の命の内に宿る「宿命」に導かれ、ある者はそれに抗い、ある者はそれに従っている。

6部と違って7部の世界には「定められたストーリー」は用意されていない。代わりに宿命に立ち向かう者たちの「歩み」がストーリーとなり、結末もそれによって決まることになる。

スティール・ボール・ラン→ジョジョリオン(7部→8部)

※8部が未完のため現時点でのコメントは差し控えます。(まだよく分かってないとも言う) 

■そしてこれらの反転が起こる原動力は、ジョジョの「作者」「登場人物」「物語世界」の全てに宿っている意志、未開拓の領域を求め、新たなことを試み、先に進み続けようとする意志、つまりは「前向きさ」なのであろう。

Powered by amaprop.net