「黄金の風」の日数経過

■ギャング・スターに憧れる少年ジョルノ・ジョバァーナが、麻薬密売を行うギャング組織のボスを倒すまでを描いたジョジョの奇妙な冒険第5部「黄金の風」は、1話から最終話までの経過日数が非常に短いことが知られている。

■1部〜4部、6部〜8部はどの部も「数ヶ月」かそれ以上の期間が経過している。対して5部は、話数は他の部と大差ないにも関わらず、ほんの「一週間余り」しか経過していない。そしてこの間ジョルノとジョルノが属するブチャラティチームは、過密なペースで戦い続け、またイタリアの各地を移動し続ける。

■この一週間余りでの各日の出来事を、話数で区切ると以下のとおりになる。

  • 1日目(1話〜16話):ジョルノ登場からブラック・サバスを倒すまで。
  • 2日目(16話〜17話):ジョルノがポルポの試験を終えてからブチャラティチームのメンバーに紹介されるまで。
  • 3日目(18話〜30話):ポルポ死亡からブチャラティがトリッシュの護衛を引き受けるまで。
  • 4日目(31話〜68話):ナランチャVSホルマジオからアバッキオがペリーコロの最期をリプレイするまで。
  • 5日目(69話〜101話):ミスタ&ジョルノVSギアッチョからサルディニア沖での飛行機の墜落まで。
  • 8日目(102話〜132話):ドッピオ登場からチャリオッツ・レクイエム発動まで。
  • 9日目(133話〜155話):チャリオッツ・レクイエムが引き起こす混乱からディアボロが倒されるまで。

■ただ作中では、時間経過を示す情報はかなりまとまりなく散らばっており、それらを正しく拾い上げなければ時間経過を正しく把握できない。また作中には少しばかり時間経過が曖昧な場面もあり、そこは解釈次第で日数が変わる可能性がある。

■以上を踏まえてここからは、上記の日数経過の根拠となる情報や、ブチャラティチームの移動に関わる出来事を列挙していく。

1話(1日目日中)【黄金体験 その1】

2001年が3ヶ月過ぎた頃、広瀬康一が春休みを利用したヨーロッパ旅行でイタリアのネアポリス空港に降り、ジョルノに出会う。

5部の開始日となるこの日の正確な日付は不明である。ただ133話のところで後述するが、5部の最後の日は「4月6日」でほぼ間違いない。つまり最後の日を「9日目」とするなら、1日目は「3月29日」となる。

また空港の発着予定表に「13」の字が読み取れることから、康一が空港に降りた時刻は13時より前であろう。

3話(1日目日中)【黄金体験 その3】

康一が空港からジョルノの住む街に向かい、再びジョルノに会う。「(ジョルノに金品を盗まれたままでは)今夜ホテルに泊まれない」という康一のセリフから、日付は変わっていないはずである。

4話(1日目日中)【ブチャラティが来る その1】

ジョルノに再度逃げられた直後の康一が承太郎に電話をかけるシーンから、ジョルノとブローノ・ブチャラティが出会うシーンへ。シーンのつながりから見て日付は変わっていないはずである。

9話(1日目午後)【塀の中のギャングに会え その1】

ジョルノがブチャラティの推薦でギャング組織パッショーネの幹部ポルポと面会する。冒頭のジョルノとブチャラティの会話シーンは、8話まで行われていたジョルノとブチャラティの戦いの直後のようにも、戦いの翌日のようにも見える。

1日経った確証がないためここでは直後としておくが、ここで1日経ったと考えるなら以降の経過日数は全てプラス1されることになる。

10話(1日目午後)【塀の中のギャングに会え その2】

ポルポの住む独房内の鳩時計が15時になった音を鳴らす。

11話(1日目夕方)【ギャング入門 その1】

ジョルノが学生寮に帰宅。部屋の時計は16時10分を指している。そして直後に康一がパスポートを取り戻すため忍び込んでくる。この康一の行動は、9話で日数経過がないと考えるなら盗まれた当日、1日経ったと考えるなら翌日の行動ということになる。


16話(2日目午後〜3日目午前)【ギャング入門 その6】

翌日15時、ジョルノが再びポルポと面会。そしてさらに翌日、ポルポはジョルノが仕掛けた罠にかかり命を落とす。その時刻は9時25分であると30話で示されている。


18話(3日目日中)【ポルポの遺産を狙え!】

ポルポの死の報を受けてブチャラティが、ポルポの隠し財産を回収するためクルーザーでカプリ島に向かう。

29話(3日目日中)【6億円の隠し場所】

カプリ島で遺産の回収に成功。その場でブチャラティは組織の幹部ペリーコロからボスの娘トリッシュを引き渡され、彼女の護衛を開始する。


31話(4日目日中)【ナランチャのエアロスミス その1】

隠れ家から買い出しに出かけたナランチャがトリッシュを狙う暗殺チームの一員、ホルマジオに襲われる。「昨日ポルポが死んだ」というホルマジオのセリフから、日付が変わったことが分かる。

47話(4日目夕方)【フィレンツェ行き超特急】

ブチャラティチームがボスの指令に従い、ネアポリス駅からヴェネツィアを目指し、16時35分発のフィレンツェ行きの列車に乗る。

ちなみにネアポリス(ナポリ)からヴェネツィアまでの直線距離は500km以上あり、そしてイタリアの地図上では南からネアポリス、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアがだいたい等間隔に並んでいる。

61話(4日目夕方)【ベイビィ・フェイス その1】

18時34分、ローマの南方20〜30km地点で停車した列車のもとに暗殺チームの一員、メローネが到着。ブチャラティチームは列車をあとにしてローマに向かって移動中。

68話(4日目夜中)【ヴェネツィアに向かえ!】

19時45分、ブチャラティチームが車を盗んだ駐車場に暗殺チームの一員、ギアッチョが到着。ブチャラティチームはその後4〜5時間車を走らせ、ヴェネツィアまで1〜2時間の辺りまで到達。


69話(5日目早朝)【ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅『OA-DISC』をゲットせよ!】

翌朝4時43分、車はヴェネツィア本島に車で渡る橋、リベルタ橋を走行中。

77話(5日目午前)【ボスよりの最終指令】

夜が明け、ブチャラティチームはトリッシュをボスに引き渡す最後の任務のため、ヴェネツィア本島の一角にあるサン・ジョルジョ・マジョーレ島へ到着する。

またここではフーゴが「2日間の任務」と言っている。カプリ島でトリッシュを引き渡されたのが3日目の午後、現時点が5日目の午前なので計算は合っている。

85話(5日目午前)【ガッツの「G」】

組織の裏切り者となったブチャラティチームは、ボスの正体を掴むためサルディニア島に向かうことを決める。

94話(5日目午前)【ノトーリアス・B・I・G その1】

ブチャラティチームがヴェネツィア近郊の空港から、個人用ジェットに乗ってサルディニア島へと出発。ブチャラティによると2時間弱で到着の予定。

99話(5日目午前)【ノトーリアス・B・I・G その6】

飛行機内の置き時計が10時16分を指している。

101話(5日目午前)【スパイス・ガール その2】

飛行機がサルディニア島沖約50kmで墜落。ブチャラティチームは脱出。またヴェネツィアで墜落のニュースを知ったボスは、アバッキオのスタンドに自分の正体がリプレイされるのを阻止するため、自らサルディニア島に行くことを決意する。

なおこの話中では、アバッキオが「飛行機の墜落でボスは自分たちの行方を見失い、自分たちには時間ができた」と言っている。またボスは「(自分をリプレイする場所の鍵となる)写真のことを、トリッシュは今は気付いてないかもしれないがいずれ必ず思い出す」と言っている。この2つのセリフは、物語が次のステップに進むまで何日か間が空くことを示している。


104話(8日目日中)【ぼくの名はドッピオ その2】

サルディニア島の「カーラ・ディ・ヴォルペ」にブチャラティチーム、ボス、暗殺チーム最後の一人リゾットが集結。飛行機墜落の5日目から3日経過して8日目になっている理由は、118話のところで説明する。

112話(8日目日中)【プロント!通話中 その1】

ボスに始末されたアバッキオが残した手がかりを駆使した結果、ブチャラティチームは「ボスを倒せる可能性」を得るため、ローマのコロッセオにいる男に会いに行くことを決め、モーターボートでサルディニア島を後にする。なおカーラ・ディ・ヴォルペからローマまではティレニア海上を直線距離で200km以上である。

113話(8日目夜中)【プロント!通話中 その2】

ブチャラティチームが夜中にローマ近くの漁村に上陸。(ボートはサルディニアを後にした時のものと同じ) 4月上旬のローマの日没時刻は19時40〜50分なので、時刻は20時以降と見て間違いない。またブチャラティによると、この漁村はローマ市内まで車で45分の距離である。

118話(8日目夜中)【『グリーン・デイ』と『オアシス』 その4】

ブチャラティチームが車で漁村を後にする。またこの話中では敵のセッコが、「ボスが3日前飛行機にノトーリアス・B・I・Gを送り込んだ」と言っている。飛行機がヴェネツィアから飛び立ったのが5日目なので、セッコのセリフを信じる限りこの時点では8日目となる。

132話(8日目夜中)【「矢」のさらに先に存在もの】

ローマのコロッセオで発動したチャリオッツ・レクエイムの能力により、ブチャラティチームもボスも全員眠ってしまう。


133話(9日目朝)【鎮魂歌は静かに奏でられる その1】

夜が明けて全員目を覚ます。ジョルノの腕時計が指している時間は5時39分で、「6〜7時間眠っていた」とジョルノ(中身はナランチャ)が言っている。またこのアナログ腕時計は文字盤に空けられた窓に「6」の数字が表示されており、これはまず間違いなく「日付」である。つまりこの日は「4月6日」となる。

149話(9日目朝)【ゴールド・E・レクイエム その3】

ジョルノが発動したゴールド・E・レクイエムの能力により、ボスが倒される。そしてボスは時間と空間を超越してあちこちに飛ばされ、無限に死を繰り返す状態となる。

151話(1日目日中)【ゴールド・E・レクイエム その4】

エピローグ「眠れる奴隷」開始。場面が1日目に戻り、ジョルに出会う直前のブチャラティやミスタの行動が描かれる。

155話(9日目朝)【眠れる奴隷 その5】

場面が現在に戻り、5部完結。

■最後に、このように5部が非常に短い日数で怒涛のように進んだことには「物語的な必然性」がある。それについてはまた別の機会に語ることにする。

Powered by amaprop.net