*

ウィル・A、シーザー・アントニオ、ジャイロの家系「ツェペリの血統」について解説しました

   

儚き伴星ツェペリ一族

詳しくは上のリンクの記事で。
ここからは余談。

誤って石仮面を被ったウィル・A・ツェペリの父が吸血鬼の本能に呑まれてしまったのも、ツェペリの「常人性」を表すエピソードなのでしょう。

ジョナサンなんかは何も知らない状態からいきなり吸血鬼になってしまってもけっこう耐えた後に自決しそうですし、それは物語的に善の心を持つ者が取るべき理想的行動ではあります。しかしツェペリは常人ゆえに現実的に負けてしまったと。(ただ吸血鬼のことをすでに知っているウィルやシーザーは耐える確率が高いとも思いますが)

ジャイロは1~2部のツェペリに比べると儚さが足りないというかかなりタフな感じですが、その辺はまた別の記事で考えて書きます。シャボン玉から鉄球への変化もそれに関係あると考えてます。

 - 更新告知