「時が止まった世界」でのスタープラチナの活動時間

■スタープラチナは、ジョジョの奇妙な冒険第3部「スターダストクルセイダース」の主人公、空条承太郎のスタンドである。そしてスタープラチナは、3部の最終決戦であるDIOとの戦いで、DIOのスタンド「ザ・ワールド」と同じ能力、「止まった時の中で動く」能力を獲得することになる。(ただこれは厳密には、「獲得した」というより「使えることに気づいた」というほうが正しい) 

承太郎とスタープラチナ

■その後承太郎はジョジョ4部と6部にも登場し、そこでは「止まった時の中で動く」能力、「スタープラチナ・ザ・ワールド」を使って戦う。

スタープラチナ・ザ・ワールド
時が止まった世界

■しかしその持続時間、つまり「止まった時が解除されるまでの承太郎の体感時間」は、時期によってかなりのばらつきがある。そしてその増減は、承太郎の「年齢」や「体調」とは特に相関が見られない。つまりこの現象の理由はそれとは別にある。

■結論から言えば、スタープラチナ・ザ・ワールドの持続時間は、「土地」によって変わる。「スタンド」という超能力は、1個の生物であるスタンド使いに宿る生命エネルギーの「個性」を「世界に押しつける」ことで効力を発揮している。一方でジョジョの「世界」の側には、スタンド能力を妨げようとする「霊的な力場」があり、そしてその強さは「土地」によってばらつきがある。つまり、この力場が強い土地ではスタンドの効力は弱くなり、逆に力場が弱い土地ではスタンドの効力は強くなるわけである。

■ただしこの力場の強さがスタンドの効力を大きく上下させるのは、そのスタンド能力が本体に高い負荷を与える場合に限られる。例えば人が普通の町中から酸素が薄い高地に移動して滞在した時、日常生活には特に影響はないが、激しい運動では高地のほうが早く限界が来る。

■スタンドも同様に、本体への負荷が低い能力では「土地の力場」の影響は小さいが、負荷が高い能力ほど「土地の力場」の影響を強く受け、持続時間を大きく左右される。そして数あるスタンド能力の中でも、「止まった時間の中で活動する」能力は、特に負荷が高い能力なのである。

■それでは以下で、スタープラチナ・ザ・ワールドの、各土地での持続時間とその理由を詳しく見ていく。

エジプト(一瞬→2〜3秒)

ジョジョ3部の最終決戦で承太郎は、「止まった世界で動ける能力」を会得し、戦いでの逼迫性からその能力を急速に伸ばす。その結果、彼は戦いの終わりには「2〜3秒」動けるようになっていた。この数値はおそらく、エジプトという土地で出せる承太郎の限界値である。

そしてエジプトの力場の強さはおそらく地球上の平均値に近い。つまり「2〜3秒」という数値は、スタープラチナが「止まった世界で動ける時間」の基準値といえる。

杜王町(0.5秒→1〜2秒)

ジョジョ4部の舞台である杜王町という土地には、「知性」という力が大地に留まり続けて生じた強力な意識体が存在する。この存在によりこの土地では「霊的な力場」がかなり強く、スタープラチナの能力持続時間はかなり短くなる。その持続時間は4部の初期では「0.5秒」である。(ちなみにこの時の承太郎は心の中で「10年ぶりにこの能力を使った」と漏らしているが、このことはたぶん時間の短さには影響していない) 

杜王町全景

ただこの数値は、4部中盤以降では「1〜2秒」にまで伸びている。この理由は、承太郎が杜王町に長期滞在し、杜王町の食材を食べ、また杜王町の大地からの「知性」信号を受け続け、心身ともに杜王町に「馴染んだ」結果と考えられる。これはスポーツ選手が高地トレーンングで低酸素濃度に慣れて、高地での記録が伸びるのと同じことである。

グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所(2秒)

ジョジョ6部の主舞台であるグリーン・ドルフィン島には、杜王町とはまた別の「霊的な力場」、数多の罪人を収容し続けてきたことで生じた力場があり、それはスタープラチナの能力持続時間を短くする。

グリーン・ドルフィン島全景

しかし一方でこの土地は、地球上で最も「重力」が弱いとされるケープ・カナベラルの一帯に位置しており、こちらは「霊的な力場」を弱くして能力持続時間を長くする方に働く。

ケープ・カナベラルとグリーン・ドルフィン島の位置関係

この両方の力が働いた結果、この土地でのスタープラチナの能力持続時間は、基準値より少し短い「2秒」となっている。

ケープ・カナベラル(5秒→1秒足らず→5秒)

上でも説明したとおり、地球上で最も重力が弱いケープ・カナベラルでは「霊的な力場」が弱まる。このためこの土地でのスタープラチナの能力持続時間は、かつてのDIOと同じ「5秒」にまで伸びる。この数値はプッチ神父のスタンド「C-MOON」と戦った時も、C-MOONが進化して「メイド・イン・ヘブン」となり、それが「時を加速する」という能力を発動している最中でも変わらない。

ただし唯一、時間の加速が始まった初期だけは、持続時間が「1秒足らず」にまで落ちている。これはメイド・イン・ヘブンが、能力発動初期に起こす現象が原因である。

メイド・イン・ヘブンの時間加速は、宇宙船を地表から宇宙空間に飛び立たせるかのように、地球上の全生物を「今」から「未来」へと飛び立たせることで起こっている。そしてこの際には、宇宙船発射直後の乗員が強力なG(重力加速度)を受けるように、メイド・イン・ヘブンに運ばれる全生物もそれに似た力を受ける。それは霊的な力場を一時的に大幅に強める。この結果スタープラチナはその時間帯だけ、極端に能力持続時間が短くなったというわけである。