ジョルノ・ジョバァーナの「天国」への貢献

■ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンオーシャン」で主人公空条徐倫の敵となるプッチ神父は、DIOの遺志を継いで「天国」なる世界の実現を目指す人物である。そして物語の後半部では、ケープ・カナベラル・ケネディ宇宙センターに向かうプッチのもとに、「DIOの息子」であるウンガロ、リキエル、ヴェルサスが味方として集い、「天国」の実現を後押しすることになる。それはプッチ神父に言わせると、彼らの使命であり生まれてきた意味である。

■ここで読者が思い出すのはDIOのもう1人の息子、言わずと知れたジョジョ5部の主人公、ジョルノ・ジョバァーナである。彼は6部の作中には一切登場していない。しかしジョルノがプッチの言う「天国を後押しする使命」に全く無縁だったかというと、その答えは否である。以下でその理由について説明していく。

■まず「天国」とは、プッチ神父が「DIOの骨」と融合して得たスタンドの最終進化形「メイド・イン・ヘブン」が、宇宙の時間を一巡させて辿り着く世界である。そこでは個人の人生や人類の歴史などにこれから起こる、全ての未来が「運命」として確定され、誰もそれを覆すことはできない。そしてこの確定されたレールを歩んだ先には、「人類が辿り着くべき正しい結末」が待っている。全人類が正しい未来の礎となり、その過程を「覚悟」すること。これこそがプッチ神父の望む「絶対の幸福」である。

■しかしジョジョの世界には、「天国」の実現に大きな妨げとなる者が存在する。それはジョジョ5部のラスボス、ディアボロである。彼のスタンド「キング・クリムゾン」は、自分の周囲の時空間を消し飛ばして、その間に自分に降りかかるあらゆる運命を無効化する能力を持つ。運命そのものを消し去ってしまえるK・クリムゾンは、「トト神」や「ドラゴンズ・ドリーム」のような運命をやりくりする能力とは全く次元が異なる。ディアボロのそれは、世界を操り導く「神」に真っ向から歯向かう、「悪魔」のごとき力である。(これにはディアボロの特異な出生が関係しているのだが、ここでは深くは触れない) 

■もしディアボロが世界の一員として存在したまま「天国」が訪れた場合、そこには重大な問題が生じる。仮に「天国」によって確定された未来の歴史を、天へと伸びる一本の塔だとする。塔は下方の過去から上方の未来へと、出来事のレンガを積み上げて出来ている。その塔は非常に強固で、本来なら誰にも傷一つ付けることはできない。しかしその唯一の例外となるのがディアボロである。ディアボロがK・クリムゾンを使い、「天国」で起こるべき運命の出来事を消すたびに、上述した塔はジェンガを抜き取られたように少しずつ不安定化していく。そして「天国」という塔はシロアリに食い荒らされた柱のように、いつか必ず倒壊してしまうことになる。

■つまり「天国」が実現されるには、事前に必ずディアボロは倒されていなければならない。そしてそれを成し遂げたのが、他でもないジョルノ・ジョバァーナである。彼は他の3人のDIOの息子に先駆けること11年前に、すでに「DIOの息子」としての使命、それも非常に重要な使命を終えてしまっていたのである。

■ただし、このことを理由にジョルノが「天国」に賛同する意思を持っていると考えるのは早計である。「世界を邪悪に向かわせる」(5部ポルナレフ談)力を持った悪魔ディアボロは、それはそれで倒さねばならない存在であり、ジョルノは己の正義のもとにそれを行ったに過ぎない。その結果ジョルノが「天国」の実現を後押ししたとしても、それはジョルノの信条とは無関係な、「神の計り事」でしかないのである。

Powered by amaprop.net