神のささやきを聴く者ディオ・ブランドー

■ディオ・ブランドーは、ジョジョの奇妙な冒険第1部「ファントムブラッド」で、主人公ジョナサン・ジョースターと戦う宿敵である。畜生を絵に描いたようなダリオ・ブランドーを父に持ち、貧民街で育った彼は、心清らかな貴族ジョージ・ジョースターを父に持つジョナサンとは対照的な存在である。

■ジョナサン・ジョースターは、まるで物語の主人公が作者に守護されるかのように、ジョジョの世界の「神」に守護される存在である。彼の力強くまっすぐな「魂」は一等星のようにまばゆい輝きを放ち、その輝きは「神の目」を強く惹きつける。そして神は自らが持つ「運命を操る力」でもってジョナサンを導き、守護するのである。

■一方でディオの魂の輝きは、ジョナサンのそれには遠く及ばない。しかしディオにはジョナサンとは異なる「魂の才能」がある。そしてその才能を知るヒントは、彼の左耳の「3つのホクロ」にある。

■このホクロは、ジョジョの世界の人間の体内にごく稀に生じる、とある「霊的な器官」の影響が外に表れたものである。(カバンの中身がカバンの外観に膨らみを作るように) その霊的器官とは、神が発する微弱な波動を感知・解読する器官、即ち「神のささやきを聴く耳」である。

■この器官を生まれ持ったことでディオは、常に神のささやきを聴き続け、「神の叡智」を無意識に獲得する。それは神が永遠に等しい時をかけて培った、「物事を効率的に有意義な結果へと導く術」である。そしてディオはこの叡智を自分の人生に活かすことで、貧民街の劣悪な環境をクレバーにスマートに生き抜いていく。

■神の叡智は基本的に万能であり、応用次第でどのような物事に対しても効率的で優れた手法を得られる。例えばディオはジョナサンとのボクシングの試合で、20世紀に入ってから発達するとされるスウェーイングなどの技術を歴史に先駆けて見せているが、これも神の叡智をボクシングの身体操作にブレンドして編み出したものである。

■しかし一方で、無機質に結果だけを求める「神の叡智」は、過程や感情を重視する「人の正義」とは水と油のように相容れない。このため神の叡智のみに従って生きるディオは、人の世界では手段を選ばない「生まれついての悪」であり、また理性の仮面が剥がれれば未発達な感情をさらけ出したりもする。

■ちなみにディオのホクロを指摘した東洋人のワンチェンは、祖国で同じホクロを持つ者を見たことがあり、「その人物は波乱の人生を送ったが183歳まで生きた」と語っている。その人物もまた神の叡智によって、良くも悪くも常人には叶わぬ太く長い人生を謳歌したのだろう。

■前述したとおりジョナサンの魂は、その「輝き」によって神の目を惹きつける。一方でディオの魂は、神と同じ思考に基づいた「動き」によって神の目を惹きつける。そして神は、「別々」であるこの2つの魂が「合一」されることを望み、ジョナサンとディオ、そして「石仮面」という特殊な道具を一つところに集わせる。

■石仮面の力で邪悪な吸血鬼となったディオは、ジョナサンとの長い戦いの果てに首から下の肉体を失い、頭部だけになってしまう。そしてディオは自分が取り戻すべき新たな肉体として、ジョナサンの肉体こそがふさわしいと結論する。

■ジョジョ1部の最終盤でディオはジョナサンに、「自分たちの関係は神によって計算されたもの」「自分たちは1つになるのが運命」と語り、ジョナサンの肉体を奪おうとする。そして、1部のラストでは失敗したかに思われたそれは実際には成功しており、彼は100年後の3部の時代に復活する。

■そして彼、「神の声を聴く頭部」と「まばゆい生命力を持つ肉体」とが揃って誕生した「DIO」は、絢爛たる永遠を生きるため、神の叡智と神の守護のもと、世界の支配を目指すことになる。